いらっしゃい虫

ようこそお越し下さいました。ごゆっくりどうぞ!

くる天 人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックして下さい!更新の励みになります。。
【 訪 問 者 数 】
カエンター
本日カウンター 昨日カウンター
独自のエッセイ:wujing 独自のエッセイ:天邪鬼

ご案内

※ 管理人の本家サイト
「wujingと天邪鬼の正門」固定ロゴ

ちょこざいな! リンク用バナー
※ 当ブログはリンクフリーです。
<< JUGEMブログ機能 | main | ボッソ・・と・・つぶやき >>
台湾に付いて
 

台湾について(10.10.26)


皆さんも、知っているようで知らない人が多いので書きました。
「台湾」という国は、有りません。


エェェッ!
と思うでしょうが本当です。
「台湾」は、中華人民共和国(中国)が付けている「省」の名前です。


日本は、中国を承認し国交を結んでいますので、「台湾」と呼んでいます。
日本としては「台湾」を国として認めていません。


「台湾」に住んでいる人達にとっては「 中華民国 」という国なのです。
だから、自国の人は「台湾省」に住んでいるとは言いません。
れっきとした独立国「中華民国」として名乗っています。
 


でも、中国とか日本とかに対しては正式な国交がないので、便宜上「台湾」を名乗ります。


中国と台湾が統一し、正式な「台湾省」になるには、色々な問題があり、実現するかどうかは、
私にはわかりません。


私は、台湾には行った事が有りませんが、台湾人は大勢知っています。
彼らは、語学に優れ社交性に長けています。
ですから、中国に来て商売や工場等を経営している人がたくさんいます。


大抵は、台湾人経営の店の方が安くてサービスも良いと言われています。
私も行ってみて、そう感じた事が少なくありません。


今日は、短いエッセイでした。。



ジャ又、再見!


カテゴリ:エッセイ | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://amanojaku.wujing.jp/trackback/1010606
トラックバック