いらっしゃい虫

ようこそお越し下さいました。ごゆっくりどうぞ!

くる天 人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックして下さい!更新の励みになります。。
【 訪 問 者 数 】
カエンター
本日カウンター 昨日カウンター
独自のエッセイ:wujing 独自のエッセイ:天邪鬼

ご案内

※ 管理人の本家サイト
「wujingと天邪鬼の正門」固定ロゴ

ちょこざいな! リンク用バナー
※ 当ブログはリンクフリーです。
<< 暑いは、、おかしい。。 | main | 最後の中国出張へ >>
人生の岐路
私は、今まで自分の年齢を書いた事はありませんが今年が還暦です。
そして、私には両親とも健在で、二人とも90歳を超え認知症になり、
母は介護施設に入所しています。

父も94歳を過ぎ、体力の低下と認知症が進み持病も悪化し介護が必要な状態になっています。

父は一人住まいで、近くに住む私の妹が面倒を見ています。
今月中旬、その妹から赴任先の中国へ電話が入り、父の体力低下が激しい状況連絡を受けました。

私は96年初めから中国へ単身赴任しています。
4年ほど前から両親の認知症が進み始め、介護が要る場面も出始め
妹の負担が増えています。

その様な環境の中、妹からのSOSが入りました。

中国の工場の事、客先の事、両親の事を色々考えました。
父の持病は「肺気腫」です、私は、日本の会社に一時帰国と三週間の休暇を申請しました。

中国では、土曜日も通常勤務、日曜日は隔週での休みという勤務を続けています。
今まで、一時帰国においても二月間に一回3〜5日の帰国だけを続けていました。
帰国しても、妹に顔を見せる程度で、両親の介護の助けになれるほどの時間も無く、
中国へ再出発していました。

今回は、何か、、心に引っかかる感情で、会社に三週間の休暇を申請しました。
・・・・が、会社の返事は、そっけなく、
「日本には、妹さん、奥さん、家族がいる筈、、何で三週間の休暇が必要か?」
との返事でした。

下の世話が必要になり、同居もしていない家庭環境で、4〜5日の時間では出来る事が限られます。

還暦になり、人生の岐路に立つ事を選択しました。
異国へ年間330日滞在する勤務を足掛け14年続けました。

中国での作業環境は苛酷で、夏場はクーラーの無い環境で35〜36度の中で働いています。

中国人への作業環境改善も数多く訴えてきましたが、改善はされず、
中国人の勤続が長続きせず、平均勤続が4.5ヶ月という環境の中で「納期」を守る厳しい作業を続けています。

還暦定年退職を選択しました。
今、私がするべき事は、
「理解の無い、人情味の無い会社」を守る事か、、
「認知症になり、暴言を吐く父」を守る事か、、
どちらも、私の仕事には理解を示しません。

しかし、認知症が進行し、会話も上手に出来ないが、、笑顔の「母」がいます。
施設に会いに行けば、必ず、涙を見せながら喜んでくれる母がいます。

私は、日本での再就職を選びます。

もちろん、賃金も安く、、それどころか就職自体が難しいかもわかりませんが、
再就職を選択します。

しかし、恐れていません。

「この道が、どのようなものかと、危ぶむなかれ!

危ぶめば道はなし。 危ぶまず一歩踏み出せば、それが道となる。。

迷わず行けよ!行けばわかるさ!....... 」


良かったらポッチと応援してください。更新の励みになります。
くる天 人気ブログランキング
カテゴリ:ちょこざいな | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://amanojaku.wujing.jp/trackback/973029
トラックバック